花粉症と鍼灸

大寒も過ぎもうすぐ立春の今日この頃、そろそろ花粉症の方は憂鬱な気分になる頃ですね。
鍼灸治療での花粉症のお悩み相談は比較的少ないのですが、免疫機構の調整をするといった観点から見ると花粉症は鍼灸適応症だと私は思います。

花粉症は、花粉によって身体の免疫機構が誤作動を起こした状態の眼や鼻喉へのアレルギー症状です。その誤作動を起こした免疫機構をなんとか正常に戻る様に鍼灸治療を行なっていきます。
病院で処方される抗アレルギー剤やステロイドに比べると即効性もなく、費用対効果もよくは無いかもしれませんが服薬を続けながら鍼灸治療を進める事で服薬量を減らしたり早期に内服をやめられたりできます。
基本的治療方針は週に一度の鍼灸治療を行い、ご自宅にて温灸でのセルフケアを実施していただき、一ヶ月程かけて症状を緩解させられたら、あとは症状が出るタイミングで鍼灸治療を行なっていくといった感じです。

毎年毎年、お薬が手放せずに悩んでいる方や鍼灸治療にご興味のある方、ご相談だけでも承りますのでまずはお気兼ねなく一度お問合せください。

関連記事

  1. 卒業式|美容鍼ケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2019.03.22

    LINE Pay
  2. 卒業式|美容鍼ケア
  3. 針供養

    2019.02.8

    針供養
  4. 節分立春

    2019.02.2

    節分

カレンダー

2019年1月
« 9月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP